フェリス女学院 2014算数解きました

1か月記事を書かなかったので広告が出てしまいました。
時のたつのは早いものです。

前に解いていたのですが記事に書いていませんでした。
フェリス女学院2014年の算数です。


少し前の年度はまとめて解いたことがあるのですが、
数学っぽい問題が含まれている印象があります。
2014年度もそうでした。

数式や数列の問題で数学っぽい解き方が必要な問題に
ふれておく必要がありそうです。


大問1
 (1)計算問題・・・必ず得点しましょう
 (2)時計算・・・易しいです。
 (3)比の文章題・・・2つのケースが考えられますが基本的です
 (4)約数・倍数と余り・・・どのケースもしっかり解法を押さえておきましょう。
 (5)場合の数 場合分けする必要があります。
   ①ここでしっかり得点したい。差が出た問題かもしれません。
   ②□を使った式を立て、当てはまる数を探します。

 (4)の数の性質、(5)の場合の数で差が出たと思います。

大問2
 平面図形
 円がらみの平面図形問題と
 底辺比と相似比系の平面図形問題の融合問題
 
 一見見慣れませんが、今まで学習したことの積み重ねで
 正解できます。 落ち着いて取り組みましょう。
 
大問3
 平面図形・点の移動
 (1)、(2)は定番問題です。確実に得点したい。
 
 (3)フェリスの平面図形の問題は途中から点の移動問題に
   変化することがあります。
   大したことではないのですが、うまく頭を切り替えられるように。
  
   ①速さと比  (速さの比)×(時間の比)で(道のりの比)がでます。
   ②文章題の倍数算で差が変わらないケースの問題と同じです。
     (2)ができていないとできませんが、
     他単元の解法をうまく使うことができるように。

大問4 
 場合の数・回転体の体積
 (1)・(2)①難しく考えすぎず、かつ探し漏れの無いように・・・・
  易しくはないですが難しくもないです。落ち着いて数えましょう。

 (2)②今まで解いたことのある・見たことのある立体を
     イメージできればできますが・・・
   ③イメージするのは難しいかもしれません。
     答えはな~んだという感じなのですが
 
  ③あたりは時間がかかりすぎるようであれば
   捨ててもいいと思います。

 立体図形の問題で見たことがある立体と絡めて考えることが
 できれば正解できると思います。
 いっぱいあるのではないかと難しく考えてしまうと
 正解から遠ざかるでしょう。
 
 
(3)場合の数と回転体の体積の問題が同時に出てきました。
  頭を切り替えて・・・
  回転軸を含まない平面を回転したときの体積で女子には難しめです。
  やったことがある人は解けたかもしれません。

  前回は立体切断が出題されていたと思います。
  立体の難問も演習しておく必要がありそうです。


大問5
  推理・数の性質、文字式の扱い
  (1)数の性質と推理の問題
    出てくる文字からかけて1なる2つの文字に注目しましょう。

  (2)(3)中学数学のような文字の扱いが要求されます。
     うまくやれば(2)は得点できると思いますが、
     (3)はできなくてもよいでしょう。


 
 オーソドックスな問題で基礎力、応用力をつけるのと同時に
 文字式を扱うような数学的な問題に慣れておくとよいでしょう。
 かつて等比数列の和の問題(高校数学)が誘導付きで出題
 されていたと思います。立体の難しめの問題も要注意です。


     
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

算数楽館

Author:算数楽館
中学受験算数の個別指導塾です。小田急線百合ヶ丘駅徒歩1分。
神奈川県川崎市麻生区にあります。
塾のホームページは下のリンクから

リンク
  • 算数楽館公式ホームページ
  • 1:1数学個別塾
  • 管理画面
  • 最新コメント
    ツイッター
    Facebookページ
    カテゴリ
    訪問者数
    最新記事
    ブログランキング
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 受験ブログへ
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード