女子学院中 2013年算数を解きました

そろそろ新しい記事を投稿しないと広告がはいってしまうので
記事を投稿します。

四谷大塚の過去問データベースで今年の算数の問題を物色し
女子学院中の問題をやってみることにしました。

時間が40分と短いので私も実際と同じ40分でやってみました。

途中大問の3と4(2)で時間を取られ、時計を見ると残り10分。
「やばい!」と焦って大問4(2)はとばして
ラストの大問5に進みぎりぎりで全部埋めました。

なんだか本番の試験のようになりました。
生徒と同じ目線に立てたので良かったと思っています。

結果は大問4(2)のみできず、あとは全部正解でした。

大問4の(2)は設定を難しい方に思いこんで決めつけて
出題者の意図と違う設定で解き進め、結果ものすごい計算になり
回答できず・・・・

こういう事は実際の試験中に起こりうることです。
ここはあきらめて一呼吸置いて時計を見る。時間が迫っていれば
次へ進みましょう。

大問5は全部は埋められずともいくつかは埋められるはず。

時間が短いので難しい問題、解けない問題はとばして次へ進む
勇気も大事です。


大問1
(1)計算
  難しくありません。
(2)割合
  他でやったことがある古典的な問題でしょう。
(3)角度
  同じ長さがあるので二等辺三角形を見つけて角度を埋めていきましょう。
(4)平面図形と比
  やったことがある問題でしょう。②で差がつくと思います。
(5)立体の表面積
  立体の表面積から和と差の問題になります。
  解法を組み立てられるかがカギ。
  これをとれると強い。
(6)比の積と商
  逆比は慣れていると思いますが、比の積と商も使いこなせるようにしましょう。
  この問題で少し差がついたかもしれません。

大問2
扇形の面積。扇形にも相似が使えます。相似を使って計算を簡単にしましょう。
ここでも差がついたかな。

大問3
平均、場合の数
四捨五入の整数問題、平均、場合の数(推理)と組み立てて解いていきます。
大問1(5)と同様、違う単元の解法をうまく組み立てて解いていく力が要求されています。
厳密にやらなくても正解した人はいるでしょう。そういった意味で差がついたかもしれません。

大問4
流水算、通過算
(1)船の長さを忘れないように。船の長さを忘れて間違えた人は痛い失点だったでしょう。
(2)解法は色々あると思いますが私は速さとつるかめ算でやりました。少しいやな感じの数字なので
 落ち着いてやりましょう。上でも書きましたが飛ばすのもあり。

大問5
水そうとグラフ。落ち着いてやれば3つくらいは埋められるでしょう。
最後の空欄の問題が今回の入試で一番簡単だったかも。
円柱を仕切って水を入れていく類題をやっていたらある程度できたかもしれません。
男子校、女子校かかわらず少し変わった設定の水そう問題をやっておくとよいと思います。
数年前にも難しい設定の水そう問題があったと思います。


問題を解いていると頭の中が混乱してくることがあると思います。
そうなったらいったん鉛筆を置いて深呼吸。場合によっては問題を飛ばして
次へ進み、精神状態をいい状態に保ちながら問題を解き進めていく
ことを意識しましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

算数楽館

Author:算数楽館
中学受験算数の個別指導塾です。小田急線百合ヶ丘駅徒歩1分。
神奈川県川崎市麻生区にあります。
塾のホームページは下のリンクから

リンク
  • 算数楽館公式ホームページ
  • 1:1数学個別塾
  • 管理画面
  • 最新コメント
    ツイッター
    Facebookページ
    カテゴリ
    訪問者数
    最新記事
    ブログランキング
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 受験ブログへ
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード