聖光学院(1次) 2010年算数 分析

まだ決まったわけではないのですが、聖光学院を受験予定の生徒の算数

対策をやるかもしれないので解いてみました。


次第に難化しているイメージがあるので、少しびびりつつ問題をといたのですが、

歯ごたえとしてはその前の年の問題とそれほど変わりませんでした。



いかにペースをつかめるかだと思います。心を落ち着けて自分の得意な問題から

解いていき、自信をつけてペースに乗れれば合格点に達すると思います。


学校のホームページで合格者平均点を見ましたが、8割近くあります。

苦手な問題は捨てる・・・、というわけにはいかなさそうです。


少なくとも大問の(1)、(2)は正解を目指したいところ。(だいたい(3)まであります)


1 速さと比

  (1)はやさしいです。2種類の比をそろえて、速さと比の問題に持ち込みます。

 (2)、(3)は少し解きづらいかもしれません。(②+3)×8=⑯+24みたいな

 感じで比と実際の数値を用いて式を立てていけばすんなりできます。

 

 少し前の聖光の問題はこの手の比の問題が結構あった気がします。

 少し傾向が変わってきたと思いますが、比と式を組み合わせた解法ですぐに

 解けるようにしておいた方がよさそうです。



2 仕事算

 A+B=4、B+C=2、C+A=3のとき、A,B,Cを求める定番中の定番の解法を

 用います。この学校の受験生でこれを知らなかった生徒はいないと思いますが

 、、、、。(3)は整数問題ですが、調べて簡単に回答できます。


 似たような問題を数年前の問題でやったことがありますが、出題者が同じなのではないかと思います。


最難関校ですが、整数問題はそれほど厳しいものが出題されていない模様・・・、

今のところは。


ここは全問正解で行きたいところ。


3 論理・推理

 一目見て嫌な問題な感じを受けましたが、投げ出さずに丁寧に状況を調べれば

 それほど厄介な問題ではありません。

 (3)は(2)の続きになっていますが、「(2)のとき、」という言葉がありませんでした。ただそうでないとかなり難しい問題になってしまうので、ここは自分に甘く考えて

良かったようです。まずは、(2)の続きとして考えないでやってみて、無理そうなら

(2)の続きと考えて回答していきましょう。


4 光(点光源)と相似、図形の移動の問題

 2009年の2次でも点光源の問題が出題されていたと思います。2011年度でも

 出題されるのでしょうか。

 影としてできる図形を相似から考え、その移動跡の面積を求めます。

 あまり難しく考えずに・・・・。素直に当たっていけばそれほど苦にせずにできます。

 

 難しく考えずぎて点を落としてしまった生徒と、そうでない生徒との差がこの問題で 広がってしまったかもしれません。



5 立体図形・立体感覚

 (1)ここは間違えてはいけない。しっかりイメージして確実に得点するように

  石橋をたたいて渡るつもりで回答していきましょう。


 (2)5×5×5の立方体。まだまだ書いて調べられる範囲。実際に書けるところまで

   書いて最終形をイメージできるようにしましょう。

   できるかぎり落ち着いてじっくり問題に取り組み、一つでも多く正解になるように

   努めましょう。間違っていないか、何か忘れていないか、吟味しつつ・・・




中学入試算数の頻出解法をしっかり身につけるように。設定もそのままのことが多いと思います、易しくはないですが・・・。

理科の範囲とも重なりますが、点光源とその影の扱い方に慣れておく必要があると思います。点光源の問題も含めて、立体のイメージができるように・・・。


今回は平面図形の問題がありませんでした。2011年度は出題されるかも。

速さは連続して出題されているようです。仕事算も・・・。


似た出題傾向の中学校を探したいと思います。関東地方では思い浮かびましたが、

関西の学校も調べてみたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

算数楽館

Author:算数楽館
中学受験算数の個別指導塾です。小田急線百合ヶ丘駅徒歩1分。
神奈川県川崎市麻生区にあります。
塾のホームページは下のリンクから

リンク
  • 算数楽館公式ホームページ
  • 1:1数学個別塾
  • 管理画面
  • 最新コメント
    ツイッター
    Facebookページ
    カテゴリ
    訪問者数
    最新記事
    ブログランキング
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 受験ブログへ
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード